「久しぶり」英語で!!ネイティブ表現15選【場面別】

スポンサーリンク
英語フレーズ

英語勉強中の女の子
英語勉強中の女の子

『久しぶり』って英語でどうやって表現したらいいんだろう。

オーストラリア在住の筆者
オーストラリア在住の筆者

実はネイティブは定番の”long time so see”以外を使って『久しぶり』を使い分けて表現しているんだよ!!

この記事を読むメリット

  • ネイティブが日常的に使う『久しぶり』を表す英語フレーズが学べる!!
  • 場面に応じて適切な『久しぶり』に相当する英語表現が使えるようになる!!
  • ワンランク上の英語表現を覚えることで、英語力もワンランクUP!!
オーストラリア在住の筆者
オーストラリア在住の筆者

この記事はフィリピン、カナダと留学を経験し、現オーストラリア在住の海外経験豊富な筆者が書きました!!

現地でネイティブ達と接した経験を踏まえて、日々、役立つ英語情報をお伝えしていますよ!

それでは、今回のテーマにいきましょう!

目次

スポンサーリンク

「久しぶり」英語で【カジュアル編】

それでは、早速、英語で「久しぶり」と表現できる、ネイティブがカジュアルな場面で使うフレーズを6つご紹介していきます!

How have you been?『久しぶり!!どうしてた?元気してた?』

こちらは、久しぶりに会った相手に使うことができる定番フレーズ。

長い間会っていなかった相手の”調子”を聞くと同時に「久しぶりだね」というニュアンスを伝えることができます。

What have you been up to(lately)?『久しぶり!!最近何してたの?』

久しぶりに会った相手に『最近どうしていたのか』を尋ねることができる英語フレーズ。

久しぶりに会った相手に”最近どうしていたのか”聞くことで、相手に「久しぶりだね」というニュアンス伝えることができるフレーズです。

Long time no see『久しぶり!』

日本人には馴染みのある『久しぶり』こちらの英語フレーズ。

実はこのフレーズは”I haven’t seen you for a long time”の短縮です。

したがって”Long time no see” はカジュアルシーンに、そして”I haven’t seen you for a long time”はビジネスなどのフォーマルなシーンに使っていただけます。

It’s been a while/a long time/ages『(<~期間>ぶりだね!!)久しぶり!!』

こちらは、”会わなかった期間の長さ”を表現することができる『久しぶり』の英語フレーズ。

具体的には下記のようになります。

”It’s been a while.” は few months(数ヶ月~半年ほど)ぶり

”It’s been a long time.” はmany months(半年以上)ぶり

”It’s been ages.”はover years(数年)ぶり

割とカジュアルな表現ですが、ビジネスシーンにも使うことができます。

Good to see you again『久々に会えてよかった!』

久しぶりに会えてうれしいという”気持ち”を伝えることができる英語フレーズがこちら。

It was good to see you againと過去形にして使うと、「久しぶり会うことができてうれしかった」と別れる際に使えるフレーズになります。

I haven’t seen you in donkey’s years『長いこと会ってなかったなぁ』

こちらは、イギリス英語の”スラング”を使った表現。

”Donkey’s ears”とはロバの耳のこと。

ロバの耳が長いことと、”ear”と”year”の発音が似ていることから”donkey’s year”で長い間と表すようにようになったことが由来です。

We’ve got so much to catch up on『久しぶりに会うから話したいことがたくさんあるよ!!』

久しぶりに会うと話したいことが溜まってますよね?そんな場合に使えるフレーズです。

“catch up on”は多義語ですが、この場合は『近況報告する』という意味で使われます。

what have I missed? Fill me in!『最近あったことを教えてよ!!』

“miss”はここでは”近況を聞けてない”という意味。”what have I missed?”で”最近はどう?”という意味になります。

“Fill in”は「用紙などに情報を記入する」という意味。ここでは、”fill me in”なので、「私に情報を教えて」と訳すと良いでしょう。

この2つの文章を意訳すると『最近あったことを教えてよ』といった意味になります。

相手に近況報告をしてほしい場合に使うことができるフレーズです。

「久しぶり」英語で【ビジネス編】

ここからはネイティブがビジネスなどフォーマルな場面で使う『久しぶり』を表す英語フレーズを紹介していきましょう!

It’s a pleasure to see you after such a long time『久々にお会いできて嬉しいです』

ビジネスで使うことができる『久しぶり』を表す英語フレーズです。

先ほどカジュアル編でご紹介した、”(It’s)good to see you again”を丁寧に言い換えた表現なので、丁寧な印象を与えることができます。

こちらも”it was pleasure to see you” と過去系にすることで、「久しぶりお会いできて嬉しかったですよ」と去り際などに使うことができます。

”It’s my pleasure to see you”と表現することもできます。

I haven’t seen you for a while/for a long time/in ages『お会いするのは久ぶりですね』

こちらは、カジュアル編でご紹介した”It’s been a while/a long time/ages”を丁寧に置き換えた表現です。

先ほどと同様に、単語を変えることで、どれぐらい久しぶりなのかという期間を表すことができます。

it’s been a while since we last met『ご無沙汰しております』

このフレーズの直訳は『私たちが最後に会って以来(=since we last met)長い期間が過ぎましたね(=It’s been a while)』という意味。

すなわち日本語の「ご無沙汰しております」に相当する表現です。

メールなどで使われることも多いフレーズです。

「久しぶり」英語で【久しぶりに~する編】

ここからは、「久しぶりに~する」を表すことができる英語フレーズを4つご紹介していきましょう!

こちらは、様々な場面に応用できるので日常会話にもかなり使っていただけますよ!

It’s been forever since the last~『最後に~したのは大分前だから久しぶり!!』

まず初めに『久しぶりに~する』英語で表現できる、フレーズはこちら。

直訳すると「最後に~して以来、永遠のような時間が過ぎた」となりますが、ここでの永遠(=forever)はもちろん誇張表現です。

永遠に感じるぐらいながーい期間やっていなかったことを久しぶりに行う時に使うことができるフレーズです。

It’s been forever since the last I saw you.
大分長いことあなたに会っていませんでしたね。

The last time 〜 was ● years ago 『最後に~したのは●年前だから久しぶりだなぁ』

こちらは”どれぐらい前に~したのか”という「期間」に焦点を当てた『久しぶり』を表す英語フレーズ。

例えば、”The last time I played  baseball was 3years ago”とすると「野球を最後にしたのは、3年前だなぁ」となり、「3年ぶりに久しぶりに野球をする」というニュアンスを出すことができます。

for the first time in ~years『 ~年ぶりに…する』

こちらも、どれぐらい久しぶりなのかという「期間」を表すことができる英語フレーズ。

この表現は基本的に否定分で用いられ、例えば”I haven’t been in my hometown for the first time in 5 years”で「5年ぶりに故郷に帰ってきたよ」と表現することができます。

I can’t remember the last time 〜『最後に~したのがいつか思い出せないくらい)久しぶり!!』

こちらは、”remember”という動詞を使った『久しぶり』を表現することができる英語フレーズ。

直訳すると「最後に~したのを覚えていない」となり「最後に~をいつしたのか思い出せないぐらい久しぶり」という意味として表現することができます。

the last timeの代わりにwhenを使うこともできます。

I can’t remember the last time I had a vacation
最後に休暇を取ったのはいつか思い出せないぐらい久しぶりだなぁ

「久しぶり」英語で!!ネイティブの使用例【twitter】

ここからは英語で「久しぶり」と表現できるフレーズのネイティブが実際に使っている例をtwitterを通して見ていきましょう!

<What have you been up to/How have you been?>

<donkey’s years>

<It’s been ages>

<It’s a pleasure to see you>

<for the first time in~>

<It’s been forever>

『久しぶり』を英語でネイティブっぽく表現しよう!!

今回は、『「久しぶり」英語で!ネイティブ表現15選【シチュエーション別】』と題しまして、『久しぶり』を英語で表すフレーズを紹介してきました。

今回ご紹介した、『久しぶり』を表現する英語フレーズを使っていただければ、久しぶりに会う友人との会話がより盛り上がること間違いなしですよ!

ぜひ、今回ご紹介したフレーズを実際に英会話で使って、あなたの英語での会話をより豊かなものにしてくださいね!

☆こちらも読まれています。

「わざわざ」英語で!ネイティブが使う表現4選!

オンライン英会話おすすめ【初心者・中級者・上級者向け徹底解説】

『どういたしまして』英語で【You’re  welcome以外】18選!

コメント

タイトルとURLをコピーしました