「頑張れ」英語で25選!! 【日常・ビジネス・スラング】

スポンサーリンク
サッカーの試合を応援している二人のドイツ人女性英語フレーズ

スポーツを応援する時や相手を励ます場合など、さまざまな状況で使う『頑張れ』というフレーズ。

英語勉強中の女の子
英語勉強中の女の子

『頑張れ』は英語でどうやって表現すればいいんだろう??

オーストラリア在住の筆者
オーストラリア在住の筆者

実は、ネイティブ達は状況ごとに『頑張れ』という英語表現を使い分けているんだよ!!

この記事を読むメリット

  • 状況に合った適切な『頑張れ』に相当する英語フレーズが学べる!
  • 『頑張れ』のスラング表現を使って自然な会話ができるようになる!
  • ワンランク上の英語表現を覚えることで、英語力もワンランクUP!

この記事はフィリピン、カナダと留学を経験し、現在オーストラリア在住で海外経験豊富な筆者がこの記事を書きました!

現地でネイティブ達と接した経験を踏まえて、役立つ英語情報をお伝えしています!

それでは、最後までお付き合いください。

目次

スポンサーリンク

「頑張れ」英語で!【日常編】

ベンチから応援しているサッカー選手の女性達

それでは、まず日常的に使うことができる「頑張れ」を英語で表すフレーズを12個ご紹介させていただきます。

go for it 『いけいけー!!』

”go”という単語が入っていることからもわかるように「行けー」と、誰かを応援しながら、「頑張れ」というニュアンスを伝えることができる英語表現。

スポーツ観戦などで使われることが多いフレーズです。

シチュエーションによっては「お先にどうぞ」という意味も表すことができる、便利なフレーズでもあります。

Go!!Go for it!!
いけいけー!!

keep it up『その調子!!』

今やっていること(=it)をいい感じに(=up)保って(=keep)といった意味から、「頑張れ!」や「その調子!」という意味を表すようになりました。

絶好調な人にこのフレーズを使って、励まして、さらに調子を上げてあげましょう!

 You’re doing well. Keep it up!
良い感じだよ!その調子で頑張って!

hang in there『負けずに頑張れ!!』

こちらは、落ち込んでいる人や困難な状態にいる人に対して使うことができるフレーズ。

例えば大好きな彼女に振られてしまった友人に対して”hang in there” というと、『負けずに、頑張って』という意味になります。

Our company is going through tough times, but we’re hanging in there
我が社は今、なかなか大変な時期を向かえている。でも、危機を乗り越えるためにも頑張ろう!

keep my fingers crossed『頑張れ!!成功を祈ってるよ!』

両手の指を交差させて頑張れと応援している女性
こちらのフレーズの直訳は「私の指(=my fingers)はあなたの幸運を祈るためにクロスさせる(=crossed)ことをキープしていますよ(=keep)」

また、英語圏では、人差し指と中指をクロスさせることで、”相手の幸運を祈る”という意味のジェスチャーになります。

したがってこちらの表現は「あなたの幸運を祈ってますよ!頑張れ!」という意味になるのです。

keepやmy fingersを省略して” fingers crossed”と表現することもできます。

A:I’m having an interview tomorrow
明日面接があるんだよね
B:Fingers crossed!
頑張れ!成功を祈ってるよ!

You can do it!『君ならできる!・自分を信じて頑張れ!!』

こちらは、相手に勇気を与えながら、「頑張れ」と応援することができる表現。

「自分を信じて頑張って!」というニュアンスを表現できるフレーズです。

You’ve worked so hard, you can do it!
今日まで努力してきたんだから!自分を信じて頑張れ!

You got this『大丈夫!頑張れ!!』

こちらは、チームのメンバーが失敗やミスを励ますことができる「頑張れ」に相当するフレーズ。

主語を変えると少し意味も変わり”I got this” で「任せて」”we got this” で「私たちはできる!」という意味になります。

Just go for it. You got this!
とりあえずやってみなよ!きっと大丈夫だから!

break a leg『(パフォーマンスやイベントで)頑張れ!!』

こちらは、パフォーマンスやショーなどのイベントに取り組む予定のある相手に使える表現。

直訳すると「足の骨を折る」という一見不吉そうなこちらのフレーズ。

しかし語源は、パフォーマンスの前に演者に悪いこと(足の骨が折れること)を願うことで、逆に幸運を呼び寄せようとしたという習慣が語源となっています。

その語源から、ショーやパフォーマンスをする人に「頑張れ」と伝える際に使われる限定的な英語フレーズでした。しかし最近はさまざまなシーンで使われるようになってきています。

Are you having  the concert, aren’t you? Break a leg!
今日コンサートだよね?頑張れ!

I’m rooting for you『応援してるよ!!』

こちらは、相手を応援することができるフレーズ。

Youの部分をチーム名に変えてスポーツチームなどを応援する際にも使えます。

 I’m rooting for Tigers.
タイガースを応援してるんだ。頑張ってほしいなぁ。

It’s now or never『いつやるの?いまでしょ?』

こちらは、なかなか勇気を踏み出せない人に向かって「頑張れ」と背中を押せるフレーズ。

直訳すると「今やらないと決してやらない」で、意訳すると「今やらないと永遠にできないよ!だから今頑張ってやろう!」という意味です。

少し流行った「いつやるの?いまでしょ?」や「明日やろうは馬鹿野郎」などに近いニュアンスを持ちます。

A:I wanna ask her out.
あの子をデートに誘いたいなぁ
B:It’s now or never!
今やらないでどうするの?頑張れよ!!

good luck with~『~を頑張ってね!!』

こちらは「頑張れ」と表現するのにおなじみの”good luck”を使った表現。

“good luck”の後ろに前置詞”with”を使い、何に対して頑張るのかを付け加えることで「~を頑張って」と表現することができます。

ただし、”~”の部分に”that”を入れて”good luck with that”とすると「 せいぜい頑張って」という皮肉を込めた表現になるので注意しましょう。

 Good luck with your work!
お仕事頑張ってください!

sending you good vibes『 (主にSNS上で)頑張れ!!』

こちらは、”Facebook”や”LINE”などSNS上で若者によく使われる表現。

SNS上で頑張ってと伝えたい時に使われる、割と新しい表現です!

with any luck『運が良ければ/あわよくば』

最後に日常で使える「頑張れ」に相当するフレーズは運任せな英語らしいフレーズ。

日本語の「頑張れ」が”自力本願”な場合が多いことに対して、英語での「頑張れ」は運や神様などに頼る”他力本願”な場合が多いです。

「今ある状況をなんとかするために、運に頼りましょう」というなんとも英語らしいフレーズです。

With any luck ,our picnic plan won’t get rained out.
運がよければ、ピクニックは雨で延期されないで済むかもね。

that’s the spirit その意気だ!!

頑張っている相手をさらに頑張ろうという気持ちにさせるフレーズ。

“spirit”は”魂”や”精神”という意味です。

A:I’m tired, but I think I can run another mile.
疲れてるけどもう少し走れる気がするよ!
B:That’s the spirit!
その意気だ!

「頑張れ」英語で!!【ビジネス編】

互いに励まし合っている6人の男女

ここからは、同僚や上司が職場を離れる時や、友人の結婚式など、フォーマルなシーンで「頑張れ!」と表現できる英語フレーズを4つ紹介していきます。

Best wishes『成功を祈っております!!』

このフレーズは、フレンドリーさを感じさせつつも、同僚の結婚や、転勤などビジネスライクな場でも使うことができます。

手紙やメールの結びの文として使われることも多い表現です。

Best wishes to a new couple.
二人に幸あれ!

Best of luck『幸運をお祈りしています』

こちらもビジネスシーンで使うにピッタリのフレーズ。

同僚や上司が独立や転勤などで会社から去る時などや、目上の人が何かに取り組む時など幅広く使うことができます。

Best of luck to you at your new job.
新しい仕事での幸運をお祈りしています。

I wish you all the best 『ご多幸をお祈りしています』

こちらも畏まったシチュエーションで使えるビジネスライクな表現。

少し堅い感じがしますが、日本語の「ご多幸をお祈りしています」に近いフレーズです。

I wish you all the best in the new year.
新年のご多幸をお祈りします

Fortune favors the bold『幸運は勇者に味方する/努力は報われる』

こちらは「頑張れ」を表すことができることわざ表現。ですがビジネスシーンでもよく使われます。

このフレーズは映画『ボヘミアンラプソティー』で登場し、「幸運は勇者に味方する」と訳されていました。

自分や他人が何か勇気を持って一歩を踏み出すとき、背中を押すために使うことができる表現です。

I decided to ask out the most popular girl in school because fortune favors the bold, right?
一番人気ある子をデートに誘うことに決めたよ。だって「幸運は勇者に味方する」だからね。

「頑張れ」英語で!【スラング編】

落ち込んでいる少年を励ましている少女

ここからは、親しい間柄でも使える、「頑張れ」を表現することができる、スラングフレーズを8つ紹介していきましょう!

Go knock ‘em dead『いいぞー!!もっとやれー!!』

こちらは、パフォーマンスやイベントなどを盛り上げることができるスラング表現。

このスラング表現を使ってパフォーマーに向かって「頑張れー」と言えばその場はさらに盛り上がることでしょう。

 Go knock ‘em dead with your juggling performance!
お前のジャグリングいい感じだぞー!

Go get ‘em tiger!『〇〇ちゃん!頑張れ!!』

こちらは子供に対して「頑張れ」と応援する時に使える表現。

お子さんの運動会で応援する際に「○○ちゃん!頑張れ!」と言うことは多いですが、そういったシチュエーションでこのフレーズは使っていただけます。

“tiger”の部分を”sweetie”に変えることもできます。

 I tell my son before football game “Go get ‘em tiger!”
いつも息子には試合前に、坊や頑張ってねって言うのよ。

Blow ‘em away『(相手を感動させられるぐらい)頑張れ!!』

こちらは、”blow away”というイディオムを使って「頑張れ」を表現できるフレーズ。

”blow away”は、「大きく感動させる」という意味。ここでは、「相手を感動させることができるくらい頑張れ!」という意味になります。

今から、発表会やオーディション、面接などで不安になっている人を励ます時に使うことができます!

I hope you blow ‘em away with your audition today.
オーディション(審査員を圧倒できるぐらい)頑張ってね!

you go girl『 (主に女性に対して)頑張れ!!/すごいじゃん!!』

こちらは、女性に対して「いいぞ!頑張れ!」と伝えることができる表現。

“girl”というフレーズが入っているので、基本的に女性に対して使われますが、男性に対して使われることもあります。

 Stephanie threw an empty bottle into the bin from a distance of 10m. You go girl!
ステファニーが10m距離があるところから空き瓶をゴミ箱に入れれたんだって!すごいよね!

bring home the crown 『(優勝できるように)頑張れ!!』

こちらは、今から大会や試合などに臨む人に対して「頑張れ」と気合を入れる際に使うことができるフレーズ。

直訳すると、「Crown(王冠)を家に持って帰ってきて」ですが、”crown”はトロフィーの例えです。

要するに、「トロフィーを持って帰ることができるように頑張れ!」となり、「優勝できるように頑張れよ!」というニュアンスを出すことができます。

You are having mini-golf tournament? Bring home the crown!
今日ミニゴルフ大会でしょ?優勝できるよう頑張ってね!

Remember me when you’re famous 『(有名になれるように)頑張れ!!』

こちらは、大きいチャンスを掴めそうな人に対して使うことができる表現。

直訳すると「有名になっても私のことは覚えておいてね」です。

さらに意訳して「私のことなんか忘れるぐらい有名になってね!でも、ちゃんと覚えておいてよ!」という冗談まじりに「頑張れ」を意味することができるフレーズです。

 You are having an audition for Hollywood movie? Remember me when you’re famous
ハリウッド映画のオーディションを受けるの?(有名になれるように)頑張ってね!

May the force be with you 『(目に見えない力も味方にして)頑張れ!!』

こちらは、映画「スターウォーズ」に由来する「頑張れ」に相当するフレーズ。

スターウォーズでは、フォース(=force)という不思議な力を使って相手を倒していきます。

したがって、このフレーズは映画のように、「目に見えないような不思議な力も利用して頑張れ!」という意味になります。

冗談っぽい感じや気さくな感じを与えることができる「頑張れ」を表す英語フレーズです。

When my nerd friend tried to ask out the most beautiful girl in my class, I told him “May the force with you”
女の子に慣れてない友達がクラスで一番キレイな子をデートに誘おうとした時に言ったんだよね「目に見えない力が味方してくれたらいいね」って

To infinity and beyond『無限の彼方にさあ行くぞ!!』

最後に「頑張れ」を英語で表すことができるスラングフレーズは、映画「トイストーリー」でもおなじみのこちらの表現。

「頑張り続けることで、その先には、無限の可能性がある」と表現できます。

Keep working on your goals, to infinity and beyond.
目標に向かって努力し続ければ、可能性は無限に広がってるはずさ!

『頑張れ』英語で正確に使い分けよう!!

拳を合わせてお互いを励まし合っている二人

今回は、【「頑張れ」を英語で25選】として、シチュエーション別に使うことができる、「頑張れ」に相当する英語フレーズを紹介してきました。

状況や場面に応じて、「頑張れ」の表現方法も変える必要があることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

ぜひ今回紹介した「頑張れ」を表現することができる英語フレーズを参考にして、あなたの英会話をより豊かなものにしていってくださいね!!

☆こちらの記事も読まれています!!

『忙しい』英語で”busy”以外の表現15選

「~と思う」英語で【I think以外の表現21選】

『どういたしまして』英語で【You’re  welcome以外】18選!

コメント

  1. […] 「頑張れ」を英語で!24選 【日常・ビジネス・スラング】 […]

タイトルとURLをコピーしました