形容詞「~ed」と「~ing」の違いを徹底解説!

スポンサーリンク

『私は退屈している』という文章を作るために”bored”か”boring”どちらを使えばよいかわかりますか?

実は、形容詞「~ed」と「~ing」の区別は英語学習者が誰しもが理解に苦しむポイントなのです。

【この記事を読むメリット】

  • 形容詞「~ed」と「~ing」の違いについて理解できる!
  • 丸暗記ではなく、「~ed」と「~ing」の使い方の理論を理解して、応用できるようになる!
  • 周りの英語学習者に差をつけることができる!

この記事はフィリピン、カナダと留学を経験し、現オーストラリア在住の海外経験豊富な筆者が書きました!

現地でネイティブ達と接した経験を踏まえて、役立つ英語情報をお伝えしています!

それでは、今回のテーマにいきましょう!

スポンサーリンク

「-ed」は”感情”や”状態”・「-ing」は内容や性質の”説明”

「-ed」と「-ing」は下記のように区別することで使い方を理解することができます。

【”-ed/-ing”の違い】

  • “-ed”ー”感情”や”状態”を表す
  • “-ing”ー対象物(=もの・人)の”内容・性質の説明”

“-ed”は文法上、受け身で使われます。例えば”excited”という単語は『興奮させられている』という状態を表します。

一方で”-ing”には受け身の意味はなく、能動的な意味を持ちます。したがって”exciting”は『わくわくさせるような』という内容や性質を表す表現となるのです。

I’m excited.
※私が興奮させられているという”状態”
The TV show was exciting.
※テレビ番組が興奮させるようなものだったという”内容の説明”

“-ed”か”-ing”の区別は主語を見ても判別できない!

英語の文法書には、『”-ed”は人が主語、”-ing”は物・事柄が主語の際に使われる』と解説されている場合が非常に多くあります。

しかし、実は、人物の性質を表す場合には人が主語であっても”~ing”を使うことができるのです。

【『人』が主語でも”-ing”を使える場合】
人物の性質を表す場合

例)He is boring.
※彼が人を退屈にさせるような人物であるという性質を述べている

その他に”she is annoying(彼女は他人をイライラさせるような人物だ)”や”My mom is scaring(僕のママはとっても怖い人なんだ)”など、人が主語であっても”-ing”を使うことができます。

“-ed”と”-ing”の区別には、主語に注目するのではなく、感情・状態を表しているのか、対象物の内容・性質の説明なのかに注目するようにしましょう。

形容詞「-ed」と「-ing」を正確に使い分けよう!

今回は【形容詞「-ed」と「-ing」の違いを徹底解説!】として、”-ed”と”-ing”の区別の仕方について解説してきました。

形容詞”-ed”と”-ing”は英語学習者であれば誰しもがつまずくポイントでもあります。

しかし、ここをしっかりと理解していくことで、今後の英語学習に大きな影響を与えることでしょう。

今回ご紹介したことをしっかり理解して、今後の英語学習に役立ててくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました